韓国では、仮想通貨の取り引きが盛んだ。

だからこそ、韓国政府が打ち出した

仮想通貨の取引所の閉鎖方針に 、

世界の市場が反応した。

韓国国内では、22万人以上が

オンラインの嘆願書に署名し、

「夢」を奪うなと訴えている。

「韓国では、自分で家を買うのは難しい。

どうすれば買えるのかすら分からない」

 

嘆願書は言う。

「どうしたらやりたいことを

やりながら生活していけるのか、分からない」

 

一部で「仮想通貨の大虐殺」とも呼ばれた。

韓国では、仮想通貨の取り引きは実入りのいい投資だ。

15歳~29歳の失業率は11%で、政府によると、

アパートを借りるのに必要な一時預かり金は、

2007年~2016年で73%上がった。

仮想通貨の投資家たちの反応をいくつか紹介しよう。

あるユーザーはこう書いた。

「45%を失って、モニターを粉々にした」

 

こちらのユーザーは、もう取り引きはしない、

ラップトップを投げ捨てたと言う。

少し落ち着いてから開いてみると、壊れていた。

 

次ページへ続きます


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です