【戦慄】飲酒運転による暴走車が事故した結果→切断された子供の体を元に戻そうとする母親に胸が痛む。。。

これから紹介する話は、サンディエゴ南部で

救急活動をしている方が実際に救命活動に

当たった事例だそうです。

普段は、公の場に発信することはないそうなのですが、

飲酒運転をする人に考えてもらうために、

情報発信をすることにしたようです。

飲酒運転が引き起こす事故は、本当に悲惨なものです。

 

特に、今回綴られていた事故は、言葉にするのも

憚られるほど、凄惨なものです。

中には「自分だけは大丈夫」と軽く考えている人も

いるとは思いますが、飲酒運転がもたらす

リスクや犠牲について、考える機会にして

もらえたらと思います。

 

飲酒運転が引き起こした凄惨な事故とは、

どんなものだったのでしょうか。

ある家族の車が、交差点で信号無視をした

車にぶつけられました。。

その車の運転手は、飲酒運転をしていたそうです。

 

100キロほどのスピードが出ていたと言います。

ぶつかってきた車が信号無視していたため、

家族の乗っていた車は横から強い衝撃を受けました。

そのときに二人の子供が乗っており、

一人は車から12メートルも投げ出されました。

そして、もう一人の子どもは、ぶつかってきた車が

乗りあげたときに、体を切断されてしまったそうです。

救急隊員が到着したときには、ひっくり返った車と、

レンガの壁にぶつかった車が目についたそうですから、

その事故がどれだけ激しかったのかが分かりますよね。

 

交通事故が起こった現場で、母親と思われる

一人の女性が血まみれになって座っていたそうです。

その女性は、切断された子供の体を手に持ち、

一心不乱にくっつけようとしていたそうです。

傷口を併せても、くっつくことがないことなど

分かっていたでしょう。

しかし、女性にはその行為が

やめられなかったのではないでしょうか。

目の前で、子どもが死に直面したときに、

その死を受け入れることなどできるはずがありません。

 

次ページへ続きます


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です