一番最初に婆さんから間違い電話がかかってきたのは、2年程前だった。

携帯がなったんだけど、かけてくる相手なんて

かぎられてたから番号を気にしないで出たら

「○○の佐藤(仮名)です。これからお伺いしますのでお願いしますね」

と一言言われて、そのまま電話を切られて

しまったんで、間違いを指摘出来なかった。

かけ直して説明すんのも面倒だったんで、

その時は放置してしまった。

 

次にその婆さんから間違い電話が

かかってきたのは、一ヵ月後くらいだったか。

「○○の佐藤です」と言われたんで

あの時の人だと思い

「すみません、おかけ間違いですよ」

とだけ言ってみた。

「あらー、それは失礼しました。ごめんなさいねー」と、

恥ずかしそうに笑って婆さんは電話を切ったんだが、

どうやら知人の番号と似ているらしく、

それからもたまに間違いをかけてくる事があった。

 

俺は元々婆ちゃん子だったから、

その婆さんの間違い電話は大して気にもならなかったし、

指摘する度に

「今日は知人とお芝居に行くので、連絡しようと思ったら間違えちゃって」

と予定を話してくれるので

「そうか、今日はこういう事をするのか」

って見ず知らずの他人の予定を知って

楽しかったってのもあった。

しばらくして、婆さんからの間違い電話が

全然かかってこなくなって淋しくもあったけど、

間違えない様な方法を見つけられたんだなと

思うと嬉しくもあった。

ただ、何となく思い出として、

婆さんの番号は携帯に

「佐藤のお婆ちゃん」と登録しておいた。

それから1年くらい婆さんとは話してなかったんだが、

ある日婆さんの番号で電話がかかってきた。

 

次ページへ続きます


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です